詐欺に強い弁護士

オレオレ詐欺

詐欺事件では被害弁償が重要な情状となります。オレオレ詐欺事件では執行猶予がつきにくい傾向がありますが、被害弁償を進めて、被害者から許してもらうという活動を重ねてゆくことが大事です。

オレオレ詐欺とは

オレオレ詐欺は、息子や孫などの親族、また警官や弁護士や被害者の父親に成りすまして、親族が起こしてしまった事件や事故の示談金・解決金の名目で、現金を振り込ませたり受け取り役の者に渡させたりする手法です。
本番の電話をかける前日ころに、「電話番号が変わった」という電話をかけ、そこでの反応を見てから、そのターゲットに後日電話をかけるかどうかを見定めるという手法も組み合わされるなどして、手口は慎重かつ巧妙を極めています。

オレオレ詐欺の弁護士相談例

息子がオレオレ詐欺の「架け子」をしていた容疑で逮捕されました。
警察から息子を逮捕したという電話がかかってきたのは、昨日の朝のことです。それからは、何が起きたのか気が気でありませんでした。昨日の夕方のニュースで、息子が関与していたという詐欺グループが逮捕されたニュースが流れました。
それによると、被害者の家に「実は友人の借金の連帯保証人になっていた。隠していてゴメン。その借金の返済期限が明後日なんだけど、今日になってその友人が連絡が取れなくなっちゃったんだ。たぶん逃げたんだと思う。連帯保証人はオレしかいなくて、債権者の怖い男たちから怒鳴り声の電話がかかってきているんだ。後で絶対に返すから、※※万円くらい、一時的に貸してくれないかな?絶対に返すから」というのだそうです。息子はこの電話をかける役割をしていたと聞きます。
そして、専用の口座に振り込むように被害者にお願いして振り込ませ、それを「出し子」と呼ばれる人が引き出し、私書箱でお金をやり取りして、お金を得ていたのだそうです。
被害総額は1000万円を超える見込みだと言っていました。
息子はこれから、どうなってしまうのでしょうか?刑務所に行くことは避けられないのでしょうか?被害を弁償しなければならないと思うので、私も親として援助するつもりです。

詐欺被害の弁償・弁済で執行猶予判決が得られるか

詐欺事件では、被害を弁償(弁済)すれば、執行猶予判決を得られるでしょうか。
執行猶予とは、有罪になって懲役や禁錮を言い渡される場合に、一定の期間刑の執行をされず、その間行ないを良くして経過すれば、それ以後は刑の執行を受けずに済むようになるという制度です。要するに、すぐには刑務所に行かなくてよいということです。
たしかに財産犯では、被害を弁償することは重要な情状になります。
ただし、詐欺事件、特にオレオレ詐欺事件は、社会に対して非常に大きな打撃・影響を与えています。そのため、裁判所も振り込め詐欺事件については、簡単には執行猶予をつけない傾向があります。執行猶予の要件に即していうと、執行猶予に必要な有利な情状のハードルを高くみているのです。
しかし、だからといって諦めることはありません。被害弁償をできる限り進め、できる限り多くの被害者から許してもらうことは、有利な情状になります。刑事事件に詳しい弁護士なら、できる限り被害弁償を進めて、被害者から許してもらうよう弁護活動をしてゆきます。
詐欺事件で執行猶予を得たいときは、刑事事件に詳しい弁護士に依頼するのが一番です。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談